LASISA

Search

【新玉ねぎレシピ】切って、漬けるだけ。簡単に作れる!「新たまねぎマリネ」の作り方と活用例を栄養士ライターが伝授

2024.5.30 野村ゆき

春から初夏まで楽しめる「新玉ねぎ」は、水分が多くて辛みが弱いため生食に向いています。また、玉ねぎに含まれる機能性成分である硫化アリル(アリシン)は水溶性で熱に弱い性質があり、栄養面からも生で食べるのがおすすめです。

新タマネギの調理は「生」がおすすめ!

春から初夏まで楽しめる新タマネギ春から初夏まで楽しめる新タマネギ

 春から初夏まで楽しめる「新玉ねぎ」は、水分が多くて辛みが弱いため生食に向いています。また、玉ねぎに含まれる機能性成分である硫化アリル(アリシン)は水溶性で熱に弱い性質があり、栄養面からも生で食べるのがおすすめです。そこで、簡単に作れて常備菜として活用しやすい「新たまねぎマリネ」のレシピをレクチャーします。

新たまねぎマリネの作り方

▲新玉ねぎシーズン中、冷蔵庫に常備しておくと便利な「新玉ねぎマリネ」。わが家では冷蔵庫にストックしやすい100均の保存瓶を使って作ります。▲新玉ねぎシーズン中、冷蔵庫に常備しておくと便利な「新玉ねぎマリネ」。わが家では冷蔵庫にストックしやすい100均の保存瓶を使って作ります。

【材料】新玉ねぎ1玉分
・新玉ねぎ:1玉
<マリネ液>
・塩:少々
・酢(米酢やリンゴ酢など):50cc
・はちみつ(または砂糖):大さじ1
・オリーブオイル:大さじ2

【作り方】
(1)新玉ねぎの外皮をむき、上下を落として縦に半分に切り、薄くスライスする。

(2)清潔な保存瓶または保存袋にスライスした新玉ねぎ(1)を入れ、塩、酢、はちみつ、オリーブオイルを加える。保存瓶の場合はフタを閉めて上下に揺すってマリネ液を混ぜ、保存袋の場合は袋の上から手で軽くもむようにして味をなじませる。

(3)冷蔵庫で半日程度冷やし、味がなじめば完成!

▲調味液がなじみ、しんなりしてきたら食べごろ。そのままでも、おいしいです。▲調味液がなじみ、しんなりしてきたら食べごろ。そのままでも、おいしいです。

 玉ねぎをスライスするときは、繊維に沿って縦に切ると歯ざわりがよく、繊維を断ち切るように横に切ると口当たりがやわらかくなります(マリネには繊維に沿った縦スライスがおすすめ)。新玉ねぎの辛みが思っていたよりも強い場合は、切った後にザルなどの上で15分程度空気に触れさせるとやわらぎます。また、完成後に新玉ねぎから水分が出てくるので、大量に作り置きしすぎず、1玉分ずつ作るのがおすすめです。

次ページ……新玉ねぎマリネ活用術3選

栄養士・編集ライター 野村ゆき

編集ライター歴25年以上。食と栄養への興味が高じて40代で社会人学生となり、栄養士免許と専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)資格を取得。食品・栄養・食文化・食問題に関する情報+好奇心のアンテナをボーダーレスに広げ、分かりやすい記事をモットーに執筆中。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ