LASISA

Search

無駄なく食べきり! 簡単!SDGsなころがしレシピ「ジャーマンポテト」

2022.4.11 LASISA編集部

素材を美味しく、食べ尽くしたい! ひとつのお料理から3つのレシピへと無駄なく味変する、”ころがしレシピ”をご紹介。第二回目は「ジャーマンポテト」です。

ビールが進んで仕方ない!

 “ころがしレシピ” とは、ひとつのお料理から3つのレシピへと無駄なく味変し、美味しく、食べ尽くしてしまうレシピです。素材を使い切って家庭内フードロスも減らしましょう!

 今回の“ころがしレシピ” は、おつまみにもご飯にも合う、ジャーマンポテト。朝昼晩と時間も選ばず、子供から大人までみんな大好きな万能定番レシピです。

 冷蔵庫にじゃがいもとベーコンを見つけたら、すぐに作れる手軽さも魅力。でも、味もしっかりしているし、他の料理にアレンジなんてできるの? と思いませんか?

 今回は、チーズをプラスしたり、スープにまで変身させます!

前回のころがしレシピ「牡蠣の和風コンフィ」はこちら

みんな大好きジャーマンポテト

 常備野菜のひとつであるじゃがいもは、一年中、出番の多い野菜ですね。

 じゃがいもを選ぶポイントは、傷やしわがなく、ころんと丸く重量感のあるものを選ぶと良いそう。美味しそうなじゃがいもを見分けたら、早速ジャーマンポテトを作ってみましょう!

ジャーマンポテトの作り方

ジャーマンポテト材料

ジャーマンポテト(2人分)

【材料】
じゃがいも:200g
玉ねぎ:1/4~1/3個
ベーコン:2枚
ウィンナー:4本
ローズマリー:1本
バター:(できたら無塩):20g
水:約160cc
塩:適量
胡椒:適量

バターで炒めた良い香りに食欲もわいてきます

【作り方】
1. じゃがいもを洗い、皮をむき、3cmほどのサイズに切ります。

2. 玉ねぎを洗い薄切りにし、ベーコンは1cm幅に切り、そしてウィンナーは断面が広く出るよう斜めに切りましょう。

3. フライパンにバター15g分を入れ、2.の玉ねぎ、ベーコン、ウィンナーを入れ、こんがり炒め、取り出しておきます。

4. 3のフライパン(ベーコンの油はそのままで)に1.のじゃがいもを入れ混ぜたのち、水を入れて蓋をします。

 細串が刺さり、じゃがいものあまい香りがするぐらいまで、弱火から中火で蒸し焼きにします。
 ※途中水分が無くなってきた場合は水をすこし追加してください

じゃがいもを蒸し焼きがポイント

5. 4のフライパンに水気が残っていたら飛ばしたのち、3の玉ねぎ・ベーコン・ウィンナーを戻し、ローズマリーを追加し、炒め合わせます。

 仕上げに残りのバター5g分を入れ、塩で味を調え、火を止めてから胡椒をふったら出来あがりです。

 じゃがいもは蒸すことで、火が通りやすくなります。かつフライパンひとつで調理でき、洗い物も減らせるのもポイント。

 翌日は、「ジャーマンポテトのチーズ焼き」と「ジャーマンポテトのスープ」にころがしていきましょう!

「ジャーマンポテトのチーズ焼き」と「ジャーマンポテトのスープ」のころがしレシピ

 奥田ここ

国内外各地の市場を「師」とあおぎ、旬の食材を中心にした和食及びイタリア家庭料理の料理教室を主宰。外国の方の参加や元築地市場や現在の豊洲市場で料理教室も開催、様々な場所とスタイルで開催するほか、各種媒体・広告へのレシピ提供や、食材産地の取材および食に関する話題の企画・執筆に加え、個別の要望に応じた出張料理や料理提案など、国内外問わず活動中。素材の味を大切にし、無駄なく使い切る献立作りを心掛けている。

  • Instagram

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ