LASISA

Search

無駄なく食べきり! SDGsなころがしレシピ「牡蠣の和風コンフィ」

2022.3.18 LASISA編集部

旬の素材を美味しく、食べ尽くしたい! ひとつのお料理から3つのレシピへと無駄なく味変する、”ころがしレシピ”をご紹介。

美味しく熟した牡蠣を食べつくす

 身がふっくらして、熟している牡蠣。まずはベースとなる「牡蠣の和風コンフィ」を作り置きします。

 ハードルが高そうな牡蠣ですが、意外にお料理初心者も手軽に作れ、かつ食材を使い切って家庭内フードロスも減らせるSDGsなレシピです。

旬の味! 牡蠣の和風コンフィ

 低温のオイルでじっくり火入れするコンフィ。短時間で濃厚に、牡蠣本来の旨みが凝縮されます。

 保存もきくので、様々なレシピへころがせるのも魅力です。今回は和風にも洋風にもぴったりな牡蠣の和風コンフィをベースにしてみました。

牡蠣の和風コンフィの作り方

牡蠣の和風コンフィ材料

【材料】
カキのむき身:300g
油:カキがかぶるぐらい(オリーブオイルなどお好みの油)
大葉:8枚 ※千切り
赤唐辛子:1本
生姜:20g ※みじん切り
ローレル:1枚
塩:小さじ1/4

ふり洗いをして汚れや生臭みを取り除く

【作り方】
1.牡蠣は、浸るぐらいの分量のたて塩でふり洗い、汚れ、ぬめりや生臭さを取りのぞくことができます。

 ザルに入れた牡蠣を優しく汚れを落とすようにふり洗いし、水が澄んで綺麗になるまで二~三回ほど繰り返してから、余分な水分をふきます。

※たて塩とは海の濃度と同程度の塩水。水400CCに対して塩大さじ1ぐらいを目安に

鍋に材料を全て投入!

2.鍋に下処理した牡蠣と、その他の材料を入れ、弱火で煮ていきます。油(風味の良いオリーブオイルがオススメ)はひたひたにかぶるぐらい入れましょう。

弱火でコトコト煮ていきます。

3.牡蠣のひだひだがすべて開いてることを確認し、そこからさらに数分コトコトさせます。
4.火からおろしたら粗熱を取り、煮沸したビンに入れます。その後は冷蔵庫で保存します。

 1週間は冷蔵保存可能ですが、翌日はこのオイル漬けを使ってころがしていきましょう!

 次のころがしレシピは「牡蠣とフルーツトマトのサラダと、牡蠣のっけごはん」!

実はころがしやすい牡蠣!

 奥田ここ

国内外各地の市場を「師」とあおぎ、旬の食材を中心にした和食及びイタリア家庭料理の料理教室を主宰。外国の方の参加や元築地市場や現在の豊洲市場で料理教室も開催、様々な場所とスタイルで開催するほか、各種媒体・広告へのレシピ提供や、食材産地の取材および食に関する話題の企画・執筆に加え、個別の要望に応じた出張料理や料理提案など、国内外問わず活動中。素材の味を大切にし、無駄なく使い切る献立作りを心掛けている。

  • Instagram

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ