LASISA

Search

進化版よもぎ蒸し“ビオスチーム”で冷えやむくみを改善

2022.3.29 @okishimagazine

温活の定番として人気のよもぎ蒸しに発酵の力を加え、さまざまな不調の改善により効果的にアプローチする、新感覚の発酵スチームセラピー“ビオスチーム”が注目されています。モデルやPRなどの美容賢者に人気のサロン「eureka.tokyo(エウレカトーキョー)」での施術体験レポートをご紹介。

ビオスチームが“進化版よもぎ蒸し”と称される理由

もぐさ状のよもぎに野草パウダーと発酵エキスを配合したeureka.tokyoのビオスチーム

 ビオスチームとは、よもぎに加え、さまざまな薬効を持つ野草と発酵エキスを配合した蒸気を浴びて経皮吸収させる発酵スチームセラピーのこと。

 マントをかぶってホールの空いた椅子に座り、陰部を直接温める施術スタイルは同じですが、従来のよもぎ蒸しに比べて蒸気が低温(40~45℃程度)なため、高温が苦手な方でも、野草の深く優しい香りをより強く感じながらじっくりと温まることができます。

 冷え・むくみ・便秘・不眠・生理トラブル・更年期障害・自律神経失調症といったさまざまな疾患の改善のほか、ダイエットや妊活にも効果が期待できるといわれています。

カフェのようなおしゃれサロンで野草に蒸される!

東京・渋谷の高級住宅街の中に構えるサロンには、気持ちのよい光と空気が巡っています (C)eureka.tokyo

 今回、筆者がビオスチームを体験する東京・渋谷のeureka.tokyoは、美容意識の高いモデルやPR仲間が足繁く通うエステサロン。こぢんまりと可愛らしいインテリアは、CEOの平木美里さんが過去に旅先で訪れたスペインやベトナムのムードにインスパイアされたものだそう。

もぐさ状よもぎとクマザサ・ウコン・ドクダミ・柿の葉・モリンガ・松・スギナ・カカオ・ミキ・玄米麹 (C)eureka.tokyo

平木さん:
「eureka.tokyoのビオスチームで使用するのは、通常の乾燥よもぎではなく、もふもふとしたもぐさ状のよもぎ。そこにクマグサ・効能が異なる8種の野草パウダー・玄米麹菌をブレンドしたものを、有害物質を除去したこだわり水で炊き上げます。

 材料はすべて無農薬で、野生に近い状態で生育した国内産で、料理やお茶にも使えるものです」

 煮る前のよもぎをもふもふと触って自分の常在菌と触れ合わせ、いざ施術へ!

ビオスチームでじんわり温まりながら自分を癒す

裸でケープをかぶり、薬効パワーたっぷりのほかほかスチームに全身を委ねます

 慢性的な冷え・肌荒れ・生理痛などに悩む筆者が、ビオスチームを体験してみました。

1.カウンセリング
 ビオスチームは60分¥8,800。体調や肌の状態をスタッフに相談し、パウダー1種の量を増やせます。

 腸もみやハーブピーリングなどのエステメニューと組み合わせることもできます(要予約)。

2.入浴準備
 もぐさや野草パウダーと水を鍋に投入し、蒸気がじゅうぶんに出るまでグツグツと炊き上げます。

 その間に、身につけているものはすべて脱ぎ、首にタオルをかけ、その上からケープをスポンとかぶります。ケープがサウナドームのように、スチームを効率よく全身に巡らせる役割を担います。

3.よもぎ蒸し
 専用チェアの上に座って40~60分ほど過ごします。スチームが陰部によく当たるように座ると、薬効成分を効率よく吸収できるうえ、体の芯から温まることができます。

 浅く座って腰に当たるように座れば腰痛改善に、フードをかぶって顔や髪までスチームを行き渡らせながら目をパチパチすれば眼精疲労回復に。こまめに水分補給しながら、心地よい姿勢をあれこれ試してみて。

4.ココナッツオイルで保湿と保菌
 ケープを脱いだらすぐに、不純物を含まないピュアココナッツオイルを全身に塗ります。

 ビオスチームでかく汗はサラサラで、ベタつかずにスーッとひいていくのが特徴。体中についた発酵菌を肌の上に優しくステイさせるイメージです。

5.ハーブティーで休憩
 施術後は、化学薬品・除草剤・化学肥料不使用で自然乾燥させたハーブを使ったブレンドハーブティーで発汗後の体を休めます。リラックス・リフレッシュ・デトックスの3種から好きなフレーバーを選んで。

残ったエキスを持ち帰り、自宅で “追いよもぎ”

残ったエキスをボトルに入れて持ち帰れば、自宅でよもぎ風呂が楽しめる

 スチーム後の煮詰めたよもぎエキスは、550円でオプション購入できるボトルに入れて持ち帰ることが可能。入浴剤として自宅の浴槽に注ぎ入れ、発酵菌をたっぷり含んだよもぎ薬湯を楽しむことができます。また、ボトルを持参すれば、2回目以降のエキスのお持ち帰りは無料に。

 ビオスチームの施術後は、発酵菌が皮膚や体内に約2週間ほど滞在して、さまざまな面で体をサポートしてくれるそうです。

 野草と発酵の力に温めてもらいながら、ゆったりと静かに座る自分だけの時間は、極上の癒し。定期的に通って、心身の不調改善や健康促進に活用したいものですね。

■お問い合わせ先
「eureka.tokyo」
住所:東京都渋谷区松濤1-27-1 Obra bld.3F
営業時間:11:00~21:00(最終受付 19:30)
定休日:不定休

https://eurekatokyo.com/

 平木美里(ひらき・みり)

合同会社FORU CEO・エステサロン経営。婦人科系疾患の治療中に出合ったビオスチームに魅了され、2021年11月に「eureka.tokyo」を東京・渋谷にオープン。ビオスチームの効果を如実に物語るつるぴか美肌と穏やかなキャラクターでファン多数。

  • Instagram

著者 @okishimagazine

編集&ライター歴17年目。宝島社『InRed』『GLOW』、ハースト婦人画報社『ELLEgirl』を経て独立。雑誌や書籍などのペーパーメディアと、WebやSNSなどのオンラインメディアをハイブリッドで企画・制作・運用を強みとしている。

  • Instagram

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ