LASISA

Search

怒る?諦める?【サレ妻】たちの浮気夫に対する《リアルな本音》とは…調査で明らか

2024.6.30 LASISA編集部

やさしいSNS「GRAVITY(グラビティ)」が、「サレ妻と不倫」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。

「サレ妻」の認知度は7割超

サレ妻のイメージサレ妻のイメージ

 やさしいSNS「GRAVITY(グラビティ)」が、「サレ妻と不倫」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。調査は、2024年6月7日(金)~6月12日(水)の期間、20~39歳の女性403人を対象にしたアンケートで行われました。

「サレ妻」という言葉の意味を知っていますか?「サレ妻」という言葉の意味を知っていますか?

「サレ妻」とは、不倫をされた妻を意味します。昨今SNSやネットニュースで話題になっており、SNS上ではリアルな体験談が投稿され拡散されるなど多くの注目を集めています。「サレ妻」という言葉について、「知っている」と回答した人が72.7%でした。さらに、「夫は浮気している・していましたか」という質問に対し、「している・していた(20%)」「している可能性がある・していた可能性がある(12.8%)」が合わせて3割以上いました。

「何が原因で夫が浮気している・していそうと考えますか」という質問に対し、「夫婦関係が良好でない(35.9%)」「セックスレス(29.7%)」と、夫婦間の問題が約3割を占め、次いで「夫の仕事のストレス(12.5%)」「自身のだらしない生活態度(10.9%)」「愛情のない言葉をかけた(6.3%)」と、夫自身の問題と妻自身の問題が続く結果でした。

「夫のどのような様子からそう感じましたか」という質問に対し「スマホを肌身離さず持ち歩く」と回答した人が50%でした。その他の理由に、「帰りが遅くなる日が多い(46.7%)」「外出が増えた(36.7%)」と、生活習慣の変化や、「急に身だしなみに気を遣うようになった(25%)」と、急に外見を意識するようになったり、「会話の辻褄が合わない(23.3%)」と、会話内容がすれ違い始めたことで気づく人が多いようです。

「浮気の事実・疑いに対して、具体的に何かをしましたか」という質問に対し「した」と回答した人は30%で、その具体的な行動は、「本人と話し合い」「スマホを見て証拠をもとに問い詰めた」「ホテルまで迎えに行きました」「裁判をした」「相手の女性の連絡先を入手して直接抗議」「ピンポイントで探偵を雇った。こちらも浮気をし返した」との声が寄せられました。

 さらに、「浮気をしている・している可能性がある夫に対して、どのような行動を求めますか」という質問に対し「慰謝料・罰金の支払い(50.7%)」が最も多い結果でした。しかし次が、「何も求めない」が27.3%であることから、浮気した夫に対して期待することはなく、諦めている様子もうかがえました。

「夫の浮気・不倫の悩みをどこで相談しますか」という質問に対して、「誰にも言わない(30.9%)」「弁護士・カウンセラー(21.9%)」「友人(18.5%)」 が上位3位を占める結果でした。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ