LASISA

Search

【新じゃがいもの栄養】秋冬に出回るじゃがいもとの違いは? おいしい食べ方まで栄養士ライターが解説

2024.6.2 野村ゆき

“新じゃが”こと「新じゃがいも」にスポットをあて、普通じゃがいもとの栄養の違い、おすすめの食べ方などを栄養士が解説します。

新じゃがいも・普通じゃがいもの違いは

新じゃがいものイメージ新じゃがいものイメージ

 新キャベツ、新玉ねぎ、新ごぼうなど、春から夏にかけて、「新」の付く野菜が続々と旬を迎えます。この記事では、“新じゃが”こと「新じゃがいも」にスポットをあてたいと思います。

▲収穫後すぐに出荷される新じゃがいも。皮が薄く、小ぶりなサイズのものも多い。▲収穫後すぐに出荷される新じゃがいも。皮が薄く、小ぶりなサイズのものも多い。

「新じゃがいも」は、収穫されたばかりのじゃがいものこと。完熟する前に収穫され、すぐに出荷される場合が多いようです。鹿児島や長崎など九州地方で3月ごろから収穫が始まり、静岡や関東は5~7月ごろ、最後が最大産地の北海道で9~10月ごろに収穫のピークを迎えます。

▲収穫後に貯蔵した一般的なじゃがいも(熟成じゃがいも)は皮の色が濃く、厚め。サイズも大きめなものが多い。▲収穫後に貯蔵した一般的なじゃがいも(熟成じゃがいも)は皮の色が濃く、厚め。サイズも大きめなものが多い。

 つまり、収穫の最盛期は春夏と秋の年2回あり、主に春夏に収穫されたものが“新じゃが”として出回り、秋に収穫されたじゃがいもは貯蔵・熟成させて、冬から春まで食べられる一般的なじゃがいもとして出回ります。前者が「新じゃがいも」、後者が「熟成じゃがいも」と区別すると分かりやすいでしょうか。いずれにしろ、九州から北海道まで全国のじゃがいも農家さんがリレーのように収穫を続けてくれるおかげで、私たちは年中じゃがいもを食べることができるわけですね。

次ページ……新じゃがいも、熟成じゃがいもの味・栄養の違い

栄養士・編集ライター 野村ゆき

編集ライター歴25年以上。食と栄養への興味が高じて40代で社会人学生となり、栄養士免許と専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)資格を取得。食品・栄養・食文化・食問題に関する情報+好奇心のアンテナをボーダーレスに広げ、分かりやすい記事をモットーに執筆中。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ