LASISA

Search

みんなが選ぶ【好きな詩・短歌】「衝撃を受けた」「新たな価値観に遭遇」人気の作家・作品“ベスト3”は?

2024.4.14 LASISA編集部

「フタバ」(名古屋市)が、好きな詩や短歌に関するアンケート調査を実施しました。

最も好きな詩・短歌は?

最も好きな詩・短歌は?最も好きな詩・短歌は?

「フタバ」(名古屋市)が、好きな詩や短歌に関するアンケート調査を実施しました。調査は2024年2月19日~2024年3月6日の期間、読書好きな10~80代の男女124人を対象に、インターネット上で行われました。

 それによると、「最も好きな詩・短歌を教えてください」の質問に対し、さまざまな回答が寄せられました。選んだ方が多かった作家の作品と理由は以下の通りです。

【茨木のり子「自分の感受性くらい」】

「うまくいかないことや、嫌なことがあった時、つい、他の人やもののせいにしてしまいがちだが、そんな時に、自分に立ち返って、考えるきっかけになる詩。」(50代女性)
「学生時代に国語の授業で習った際、最後の「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」という文章に衝撃を受けた。」(20代女性)

【金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」】

「違っている事が変ではなく、出来ない事を嘆くのではなく人間も動物もみなそれぞれに違う魅力を兼ね備えていて、だからこそ素敵なんだという事を教えてくれたので。」(50代男性)
「自分と他人を比べて落ち込むことはなく、「みんな違ってみんないい」と個々人を肯定してくれるメッセージを感じられるから。」(20代女性)

【俵万智「「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人の いるあたたかさ」】

「一人暮らしの時に、これを読んで、家族の元に帰りたくなりました。人のいる暖かさ、彼氏に限らず、誰かが側にいてくれることのありがたさを思い知らされます。」(40代女性)
「冬の短歌だが、とてもあたたかくて幸せな気持ちになる優しさがあふれているから。」(40代女性)

上記で紹介した3名の作家は、別の作品も選ばれており、人気の高さがうかがえます。また、高村光太郎や谷川俊太郎の名前も多く挙げられていました。好きな詩や短歌は人それぞれですが、作品を通して心を揺さぶられたり、新しい価値観を得たりするような特別な経験をしている点で共通していました。

次のページ……詩・短歌の魅力って?

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ