LASISA

Search

スーパーの「レジ係」が明かす「こんな客に困ってます」…接客中に横から話し掛けてくるのは大NG!

2024.4.14 かんな

日々さまざまな客が訪れるスーパー。そこで働くレジ係の店員たちは、どのようなことを感じ、考えているのでしょうか。レジ係が困る「客の行動」4つとは――?

悪気がない客が多い、余計にたちが悪い

スーパーのレジのイメージスーパーのレジのイメージ

 スーパーの店員、とりわけ来店客と直接の接点が多いレジ係にとって“困った客”“困った行動”とはどのようなものでしょうか。4年間スーパーのレジ係を務めた経験のある筆者が、同僚たちの意見も含めた「現場の声」を紹介します。悪質なクレーマーは言うまでもありませんが、そうでなくても、常識では考えられない“アンビリーバボー”な行動を取る客はいます。悪気はなさそうなケースが多いため、もしかしたら誰しも無自覚にやっているものもあるかもしれません。

1.「ちょっとならOKと思って」…なんてことはない

 他の利用客を対応中に横から話し掛けられる。こういう場面はしばしば起こります。しかしこれをされるとレジの手を止めることになるため、今まさに対応していたお客さまに迷惑が掛かります。

 話し掛けてくる側はちょっと質問したいだけで何分も時間を取るつもりでないことは店員側も理解しています。ただこれまでの経験上、事細かな説明が必要だったり、他の社員を呼んで対応しなければならなかったりする場合がほとんどです。

 例えば「しょうゆはどこにあるの?」という質問に対して「3番通路です」とひと言返すだけであっても、接客中のお客さまの商品をスキャンしながら伝えるわけにはいかず、手を止めなければいけません。

 別の作業と並行しながら接客しても気にしないという人もいるかもしれませんが、よく思わない人も当然います。実際にこれがきっかけで、お客さま同士がトラブルになったのを目撃したこともあります。

 何か不明な点、店員に直接確認したいことがある際には、接客中ではないレジ係やサービスカウンター、店内のスタッフに声を掛ける方が、結果的に対応が素早く済むケースも多いはずです。

次は: 2.「何でも店員がやってくれる」…ワケじゃない

ライター かんな

2児の母で、ウェブライターをしています。キャンプやサーフィンなどのアウトドアも好きですが、自宅にこもって動画配信を見たり、最新情報をチェックしたりするのも好きです。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ