LASISA

Search

大谷選手の通訳・水原一平氏が告白【ギャンブル依存症とは】なぜ依存してしまうの?どんな人がなりやすい?心理カウンセラー解説

2024.3.22 佐藤城人(さとう・しろと)

ドジャース・大谷翔平選手の通訳の水原氏が、「自分はギャンブル依存症」と告白しました。「ギャンブル依存症」とはどのようなものでしょうか?なぜ依存症になってしまうのでしょうか?

大谷選手の通訳が解雇、自身の「ギャンブル依存症」を告白

ギャンブル依存症を解説ギャンブル依存症を解説

大リーグで活躍するドジャース・大谷翔平選手の通訳である水原一平氏が、2024年3月20日(水)、ドジャースから解雇されました。違法なギャンブルに手を染めていたと見られ、多額の使い込み等が発覚したことが連日報道されています。説明の中で、水原氏は「自分はギャンブル依存症」と告白したそうです。

私は元アルコール依存症を患った者で、現在は心理カウンセラーをしています。この記事は、依存症について、広く知っていただきたいこと、そして依存症に苦しむ本人や家族の方々への応援メッセージになればとの思いから執筆しました。決して、特定の人を悪者にすることや誹謗中傷が目的ではありません。そして、大谷選手のますますの応援を心から願っております。(※2024年3月22日の段階で発表されているニュースに基づき執筆)

ギャンブル依存症とは?診断基準は?

 ギャンブル依存症とは「パチンコや公営競技のような賭け事にのめり込むことにより日常生活に支障が生じ、治療を必要とする状態」(出典:一般財団法人・ギャンブル依存症予防回復支援センター)を言います。診断のポイントは次の2点です。

・日常生活に支障が生じるかどうか
・のめり込むかどうか

この2点は、他の依存症においても見分ける際の分岐点となります。

 まず、「日常生活への支障の有無」についてです。例えば、酒を飲んで記憶をなくしたり暴れたりする。タバコであれば、かたときもタバコが手放せない状態などは、支障が生じていると言えます。

 今回の報道から推察すると、億単位の負債を抱えたこと、さらに仕事を失ったと報道されています。さらに、大谷選手の口座を利用していることなどを考えるのならば、支障に該当するのではないでしょうか。

 米国精神医学学会が作成したDSM5では、次の9項目を診断の基準としています。

1.ギャンブルでの負けを取り戻そうとする(負け追い)
2.より強い興奮を味わおうとする
3.イライラや憂鬱感をギャンブルで解消する
4.ギャンブルをしていると落ち着く
5.ギャンブルに関することが頭を離れない
6.ギャンブルを上手に加減できない
7.ギャンブルについての嘘をつく
8.大切な人間関係の危機を招いている
9.ギャンブルを原因とする借金がある

 この9つのうち4つ以上当てはまる場合、ギャンブル依存症と診断されます。なお、病気かどうかの診断は、あくまでも医師の範疇です。私が軽々に断定することではありません。思い当たる方は専門の病院等の受診をおすすめします。

次ページは……依存症の“要因”は何?

心理カウンセラー・心理セラピスト 佐藤城人(さとう・しろと)

心理カウンセラー・心理セラピスト。過去にアルコール依存症を患った経験があり、それを克服する過程で40代に再度大学に入学、心理学と出会う。各種依存症やインナーチャイルドを抱える方、さらには社交不安障害や愛着障害の悩みなど、これまで10年間で約5000名様の悩みをサポート。インナーチャイルドの回復プログラムの中で「正しさよりも心地よい生き方」を提唱する。2019(令和元)年一般社団法人インナークリエイティブセラピスト協会を設立。現在はカウンセラー・セラピストの養成にも力を入れている。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ