LASISA

Search

20代社会人向け【ビジネスマナー】基本のキ…報連相、言葉づかい、メール文面まで詳しく解説!

2024.3.23 笠原加帆

新社会人、第2新卒者、20代の転職者が、新生活を前にあらためて知っておきたいビジネスマナーの基本を紹介します。

若手社員がやりがちな失敗とは?若手社員がやりがちな失敗とは?

 4月からの新生活を前に、今から緊張している新社会人、第2新卒者、20代の転職者の人も多いかもしれません。何もかもが初めての環境で、悩むことの一つは、やはり社会人ならではのマナーではないでしょうか。気付かないうちに上司や取引先に失礼な振る舞いをしないために、あらためて基本のマナーを確認しておくことが肝要です。

なぜ「報連相」は必要なのか?

●「報告・連絡・相談」

 社会人たるもの「報告・連絡・相談」の3カ条はしっかり抑えておくのはマストです。気持ちが前のめりな新人の中には、報告・連絡・相談をせずに仕事を済ませることで「誰にも頼らず全て仕事をできる自分、すごい」と考える人もいるかもしれませんが、それはNG。仕事は、この3つの頭文字をとった「報連相(ほうれんそう)」を前提に進めていくのが基本です。

 まず「報告」。仕事の進捗やミスをしてしまった際には、上司や先輩に全て伝えます。叱られるのが怖いからと隠すことで状況を悪化させる恐れがあります。

「連絡」は、自分のスケジュールが変わった場合や任せられた仕事で新しい情報を得たときなどに上司や先輩に伝えます。そして「相談」。分からないことやがあったときに上司や先輩に尋ねます。会社は組織なので、報・連・相は欠かせないルール。習慣が付いていない人は、今から意識して取り組む必要があります。

●言葉遣い

 社会人になるとこれまでとは違う言葉遣いを求められるため、最初は戸惑ってしまうことも多々あります。ビジネスシーンで間違えやすい言葉遣いと正しい言葉遣いがあるので、注意しましょう。

(1)「了解です」はNG

 上司から仕事を指示されたとき「分かりました!」や「了解です!」と返している人はいませんか? 「了解しました」は幹事2文字なので一見丁寧なようにも思えますが、実は目上の人に対しては間違った言葉遣いとされています。正しくは「かしこまりました」や「承知いたしました」です。

(2)「ごめんなさい」もNG

 謝罪をするときに「ごめんなさい」「すいません」という言葉が思わず口を付いて出ることがあるかもしれません。しかしこれらの言葉も、目上の人への謝罪としては正しくありません。謝るときには「申し訳ございません」、または「申し訳なく思います」「申し訳なく思います」が正しい言葉です。

(3)「ご苦労さまです」もNG

 目上の人をねぎらうときに「ご苦労さまです」と声を掛けるのは誤り。「お疲れさまです」も失礼に当たるという解釈もありますが、「ご苦労さまです」よりはまだ良いとされています。「ご苦労さまです」ではあからさまに、上から目線の言葉と捉えられてしまいます。せっかく相手へのねぎらいを示したいなら、その思いが正しく伝わる言葉を選びましょう。

次は……これは便利! ビジネスメールの「テンプレート」

フリーライター 笠原加帆

関西でひっそりと暮らすフリーライター。温度のあるライティングを心がけている。読書、お香集め、ファッション、カフェ、キャンプ、釣りなど趣味は多岐に渡る。自分を癒すために花を買って帰る女性が憧れ。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ