LASISA

Search

「先延ばし癖」「面倒くさい」に打ち勝つ方法…ちょっと気持ちを切り替えるだけ、カウンセラーが解説!

2024.3.14 まっきー

仕事や家事や人付き合いや勉強や。毎日何かしらについて「面倒くさい」と感じてしまうあなた。ほんのちょっと気持ちを切り替えることで、面倒くさい作業をサクサクと進められるようになるかもしれません。

誰でも心当たりがある?「先延ばし癖」

「面倒くさい」と感じない日はないかもしれない「面倒くさい」と感じない日はないかもしれない

 仕事、家事、人付き合い、勉強などなど、やることに追われる日々。何かに対して「面倒くさい」と感じない日はない、といっても過言ではないかもしれません。しかしどんなに面倒であっても、やらなければならないことはあります。「面倒くさい」と感じるタスクを“先延ばし”せず、いかにサクサク進めるか? やる気を出すための自分との向き合い方や物事の進め方について、産業カウンセラー資格を保有している筆者が解説します。

 自分と向き合うことがそもそも面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、ここを丁寧にやることで“サクサク度合い”に大きな差が出ます。だまされたと思って一度、実践してみてください。

ステップ1.「自分の味方は、自分」作戦

「面倒くさい」と思うとき、心のどこかで「面倒くさいと思ってはいけない」「先延ばししてしまう自分はダメだ」と自分を責めてはいませんか? まずはこの癖をやめて、自分の考えを認めることがスタートです。

「面倒くさいよね、そりゃそうだよね」と自分自身に声を掛けてみましょう。仕事や家事など自分が今やるべきと思っていること、家族や同僚にやってあげたいと思うことでも、いざ動き出そうとすると腰が重いもの。しかし、ここが重要なポイントですが、面倒くさいと感じてしまったからといって、やろうという気持ちが否定されたわけではありません。面倒くさいと思う自分を認めてしまいましょう。

 人間は言葉に出す出さないを問わず、他の誰よりも自分自身から言葉を掛けられることが多いものです。自分自身が「面倒くさいと思ってはいけない」「やらない自分はダメだ」と否定的な言葉ばかり掛けていては、どんどんネガティブな方向へ思考が進んでしまいます。

 周りの誰かに否定的ことを言われても、自分自身だけは味方になって肯定的な言葉を掛けるくらいのスタンスでいましょう。「面倒だよね~、分かる~!」と自分の本心に共感するだけで、驚くほど気持ちが楽になります。

次は……ステップ2.頭の中をスッキリ整理する方法!

 まっきー

一児の母。フリーでライターやYouTube動画編集をしています。料理が好きですが、腕前はイマイチ。おしゃれフードや占いが好きで、娘が寝た後にのんびりと女子向けサイトを見て情報収集するのが最近の楽しみです。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ