LASISA

Search

コンビニ商品で「全身コーデ」…ダサい? 意外といける? ファミマ“洋服シリーズ”実力と課題

2023.12.28 LASISA編集部

ファミリーマートが展開している衣料品ブランド「コンビニエンスウェア」。多彩なアイテムが投入されて、ついに“全身コーデ”も可能に。各アイテムの使い勝手やコンビニが衣料品を展開する意義について、11月に開かれた「ファッションショー」の雑感とともに考えます。

なぜファミマは洋服を? コンビニの矜持とは

2023年11月30日(木)に開かれた「ファミフェス」でのファッションショーの様子2023年11月30日(木)に開かれた「ファミフェス」でのファッションショーの様子

 来たる2024年、国内コンビニエンスストアは誕生から半世紀を数えます。日本で初めてフランチャイズ式のコンビニが開業したのは1974(昭和49)年5月。東京都江東区豊洲の「セブン‐イレブン第1号店」でした。

 その後50年にわたりコンビニは市民生活のさまざまなニーズを拾い上げ、光熱費の払い込み、ATM、PB商品、レジ横のホットスナック、マルチコピー機、コーヒーマシン、イートインスペースなどを次々に導入、あらゆる分野で利便性の向上を図ってきました。

 新商品、新サービスがますます深化するなか、ファミリーマートが2021年にスタートさせたのが、ファッションデザイナー落合宏理氏との共同開発した衣料品ブランド「Convenience Wear(コンビニエンスウェア)」です。

 Tシャツやソックス、タオル、パーカなどのベーシックなアイテムに加えて、2023年12月にはスエットの上下やデニムジャケット、デニムパンツ、フライトジャケットといったよりアパレル性の強い商品を発売。それに先立つ同年11月には、コンビニ業界初となる“ファッションショー”を開催し、さらなる挑戦への意欲を印象づけました。

 安価なラインからラグジュアリーまで、あまたのアパレルブランドが存在する中で、コンビニ発のファッションはともすると“ダサい”といったイメージを持たれてしまうのではないか。あるいは、ファストファッションの雄「UNIQLO(ユニクロ)」がかつて負のイメージを完全払拭したように、「コンビニエンスウェア」も幅広い世代に受け入れられるのか。

 ファミマ「コンビニエンスウェア」の使い勝手とは、またコンビニが独自の衣料品を展開する狙いとは何か。同ショーの雑感を振り返るとともに、その「意義」についてあらためて考えます。

次は……コンビニ業界初ファッションショーをリポート!

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ