LASISA

Search

かぼちゃの“本当の旬”はいつ?冬至に食べる習慣があるのはなぜ?種類や熟成の見分け方まで栄養士ライターが解説

2023.12.22 野村ゆき

12月の冬至が近づくとスーパーなどで目立つ位置に、かぼちゃが置かれるなど、晩秋から冬が旬のイメージが定着しているかぼちゃ。日本各地で栽培されているため地域によって収穫時期は異なりますが実は、かぼちゃの収穫のピークは夏から初秋なのです。では、なぜ冬のイメージがあるのでしょうか。栄養士が解説します。

かぼちゃの収穫は“夏”

かぼちゃの旬はいつ?かぼちゃの旬はいつ?

 甘く、ほっくりした食味が特徴の「かぼちゃ」。煮物やスープ、天ぷら、お菓子など、幅広い料理に使いやすく、食べ飽きないことも魅力の一つ。

 12月の冬至(とうじ)が近づくとスーパーなどで目立つ位置に、かぼちゃが置かれるなど、晩秋から冬が旬のイメージが定着しています。実は、かぼちゃの収穫のピークは夏から初秋(日本各地で栽培されているため地域によって収穫時期は異なります)。

 野菜の多くは新鮮なほど栄養価が高いのですが、かぼちゃは例外なのです。収穫してすぐよりも、1~3カ月ほど寝かせる(追熟させる)ことで水分が程よく抜け、かぼちゃに含まれるでんぷんが糖に変わって甘みが増します。つまり、収穫の旬は夏、おいしい食べ頃は秋以降の冬の時期ということに。

 なお、近年はハウス栽培の技術が進み、メキシコ産やニュージーランド産のかぼちゃも輸入されるようになったことで、1年を通して、おいしいかぼちゃを食べられるようになりました。

熟成をチェックする方法は?

 かぼちゃの熟成を見分けるチェックポイントは、切っていない丸のままか、カットされたかぼちゃか、で異なります。

 丸ごとの場合は、皮の表面にツヤがあり、ヘタが枯れてコルクのように乾き、ヘタの周りがヘコんでいれば完熟のサイン。熟し方が足りていないかも?と感じる場合は、切らずに新聞紙に包み、風通しの良い涼しい場所で少し時間を置くと良いでしょう。

 カットしたかぼちゃの場合は、フチの緑色の皮と黄色の果肉の境界が少し滲(にじ)んでいるものはまだ水分が多く、甘みが少なめ。逆に、境界がはっきりしていて、果肉の黄色が濃く、種子がふっくらと厚みのあるものが、完熟して食べ頃になったサインです。

 種子の間のワタにすき間があるものは熟し過ぎなので早めに食べましょう。カットしたかぼちゃを保存する場合は、タネとわたを取り除き、ラップで包んで冷蔵保存を。また、食べるサイズにスライスして冷凍し、使うときは解凍せずに凍ったまま調理すると、水っぽくならず時短にもつながります。

「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ヘポかぼちゃ」の御三家がある

 かぼちゃは、「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類に分けられ、現在、「かぼちゃ」として市場に多く流通しているのは「西洋かぼちゃ」です。

 南アメリカが原産で、明治時代になってから日本で本格的に栽培されるようになりました。特に人気なのが、甘みが強く、でんぷん質が多い、ホクホクした味わいの黒皮栗系で、「栗かぼちゃ」とも呼ばれ、「くり将軍」「えびす南京(なんきん)」などの品種があります。ほかに、オレンジ色の皮が特徴的な赤皮栗系の「赤ずきん」「打木赤皮甘栗(うつぎあかがわあまぐり)」、メロンに似た白皮栗系の「白皮栗かぼちゃ」「雪化粧南京」などがあります。

 東洋種の別名がある「日本かぼちゃ」も、もとは外国生まれ。戦国時代末期に日本へ渡来し、東北以南の気候・風土に適していたため多彩な品種分化をとげました。

 京野菜の「鹿ヶ谷(ししがたに)かぼちゃ」、大阪の「勝間南京(こつまなんきん)」、宮崎の「日向(ひゅうが)かぼちゃ」など、伝統野菜と呼ばれる地方品種に多いのが特徴。ゴツゴツとした形や個性的な形をしているものが多く、西洋かぼちゃと比べて、でんぷん質が少なく、ねっとりとした舌触りと控えめな甘さ。煮崩れしにくく、煮物にすると、だしが染み込んで、おいしく仕上がります。

「へぽかぼちゃ」の代表格は、「ズッキーニ」「そうめんかぼちゃ」です。西洋かぼちゃ、日本かぼちゃとは全く異なる食感と食味が特徴です。

「そうめんかぼちゃ」は、その名の通り、加熱すると果肉がそうめんのようにほぐれ、シャキシャキとした食感が楽しめます。「ズッキーニ」は春から夏が旬で、淡白で油との相性が良く、加熱するとナスのようにやわらかい食感も楽しめます。

冬至にかぼちゃを食べる理由は?

栄養士・編集ライター 野村ゆき

編集ライター歴25年以上。食と栄養への興味が高じて40代で社会人学生となり、栄養士免許と専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)資格を取得。食品・栄養・食文化・食問題に関する情報+好奇心のアンテナをボーダーレスに広げ、分かりやすい記事をモットーに執筆中。

tags

この記事の関連タグ

recommend

こちらもおすすめ